呼び方はさまざまな放尿

呼び方はさまざまな放尿

デリヘル嬢のリードで抵抗が多少ある人でも、一度は遊んでみて望ましい。濡れても大丈夫だし、すぐに汚れても洗い流すことができるからだ。

ノーマルな出張タイプのヘルスであればあるほど、放尿は滅多に頼む客がいない。サービスを受ける場所=放尿してもらう場所ということだが、風呂場かぜひトイレをこれは選んで望む。

本気でデリヘル嬢もサービスできない上、ホテルを出禁になってしまう場合もあるので、一人の人としてマナーというよりはやめておこう。放尿だとか聖水だとか店によって呼び方は多種多様だが、派遣型のヘルス嬢の要はおしっこの事だ。

基本放尿プレイをする場所は、風呂場が多端。次に「触る」だが、出ているおしっこにコレは触れるだけでなく、クリトリスを客が触っている際に放尿をしてもらうなど参加タイプの遊び方もできる。

見る、触る(浴びる)、飲むというでっかく分けて3段階あり、自分が出来みたいなサービスをしてもらう。見る触る飲むなど放尿はいろいろな遊び方がある。

そして最後に「飲む」は、飲む人もげにいるが、放尿をクンニしている際にしてもらうのも興奮をする。一言で放尿・聖水プレイといっても、いろいろな楽しみ方がこんなにある。

文字通り「見る」はデリバリーヘルス嬢がおしっこしているシチュエーションを見る事。デ日頃けして見られない女性の放尿場面とリヘル嬢が照れてる姿が目の前で見られる。

慣れてるデリヘル嬢にしてもらいたいなら、慣れた子をスタッフに頼むか、SM(ソフトSM)系などのアブノーマルな店をもしくは使うとイイ。サービスを受ける場所とデリヘル嬢への対応が放尿でのマナーだ。

あまり自宅を汚したい人はいないだろうが、遣ったところでエッチする場所だし…と気が大きくなってラブホテルを使う場合、ベッドや床などでサービスを受けようとする人も中にはいる。